総借入残高が年収の3分の1という制度は妥当なのか?

総借入残高が年収の3分の1という制度は妥当なのか?

貸金業法の改正で、年収の3分の1以下でないと貸すことが許されなくなったが、

この3分の1というのを確認するのは、業者側の義務であるが、それがとてもめんどうなまだ。

だいたい、金利の高い、消費者金融で借りようとするということは、良い条件で借りられないからであり、

すでに借金が多額にあるか、収入が極端に少ないかであろう。

給与明細書や源泉徴収票で年収を証明しなければならないし、業者のほうは、個人の借入残高のデータを照会して調べなければならない。
消費者金融の借りては、個人始業主など、事業資金であったりする事もいままでは多かったわけで、それもお得意さんであったがわけです。

零細事業者は、生活資金も事業資金のほとんど同じですから、緊急的な金策に必要だったわけです。

まっそういう資金を借りる場合は、返せなくなることもおおいわけで、その悲劇を防ぐ事もできているでしょうが、それで助かるはずの人も一方でどこからも借りられず、倒産するということもあるでしょう。

はたしてどちらのメリットを優先すべきなのかは意見が分かれるところですが、個人的には、改正された制度の方向性は正しいと思います。

消費者金融をいえますから、そのまえに、廃業などすべきでしょうし、本来の商品であるビジネスローンなど事業のための資金を利用すべきなのです。

個人の生活資金にしても、安易に借りられる無利息キャッシングとか・・・・自宅で手続きできてしまうネットキッャシングなど、煩わしさも、手間も無しにお金が借りられてしまうというシステムは、必要以上にお金を枯れる、借金するということにハードルを下げることで、結果的に良いことはないと思います。

人は、弱いものですからね。

ただし、全部のキャッシングが規制を受けるわけではありません。銀行のカードローンのように、フリーキャッシングの性質を持っているほぼノンバンクと同じようなカードローンは、この年収制限はありません。 たとえば、オリックス銀行のカードローンは総量規制を受けないので、年収の3分の1以上の申込みでもできます。 もちろんそれで審査に通るかどうかは別の話であり、法的な制限を受けないというだけの話です。

タグ

2012年1月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:キャッシング, ローン

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.newgoldcrew.com/mtos428/mt-tb.cgi/112