便利すぎるかも、キャッシング

便利すぎるかも、キャッシング

お金を借りるということが簡単では無かった時代と比べると今は本当にお金を借りるのが簡単になっていますね。


店頭にいってキャッシングの申し込みをすると、普通の人は、よほど困っていなければ行かないと思いますが、無人契約機やネットキャシングなど、誰とも顔を合わせずに、申し込みできて、簡単に借りられてしまいますか、ちょっと欲しいものがあるけど、給料日までがまん・・・という気持ちが、「いいや、ちょっとキャッシングしちゃお・・・」そんな気持ちになります。

中には、当日どころか、1時間足らずで、現金を手に出来てしまう、即日キャッシングなんてサービスもありますので、直ぐに欲しいという欲求を簡単に満たしてくれるのです。

大手のキャッシングであれば365日24時間申込できます。例えばアコムは土日休日でも振込融資できる銀行などが用意されています。

さらにキャッシングを加速させているのが、無利息キャッシングではないかと思います。


初回のみ7日間無利息とか、30日間無利息とか、中には、借り残高がなければ、南土手も無利息といった金融会社もあります。

無利息で借りられるとなれば、「それまでにかえせばいいや」とついつい思ってしまい、高利のお金をかりてしまい、結局返せないこともでてきて、返済に苦労するということになりかねません。

もっともそういうことを狙ったサービスであるわけで、そうでなければ金融会社も儲からないわけですが・・・。

借りる方も借りる方ですが、他人を不幸にする誘惑を提供して儲ける・・・というような考え方がそこにあるような気がして、ちょっと悲しい時代だなと思います。

そこに物があるから悪いのか・・・盗む方が悪いのか論議になれば、日本では、後者ですし、私もそう思いますが、ことお金を貸すという行為にたいしては違和感を感じてしまいます。

もちろん、だれでも急な出費でお金を本当に借りなければならない局面は、現代社会においてはあるわけで、貸し金というのはそれ自体を否定できるものではないのですがね。

タグ

2013年11月 9日||トラックバック (0)

カテゴリー:キャッシング

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.newgoldcrew.com/mtos428/mt-tb.cgi/101