マンションが平均4000万円台になっているらしい

マンションが平均4000万円台になっているらしい

不景気不景気と思っていたが・・・ 不動産関連のニュースをみていると、マンションの販売戸数は増加しているし・・・、 価格も4000万円台に乗ってきているらしい。

どうも景気回復は確かに起きているようです。 この時期は、確定申告で住宅ローン減税を受けている人が申告していると思いますが、

今年が最後で、後は100万円筒控除額がすくなっていく住宅ローン減税もあるし 値上がりもしているのならば、住宅の購入は有利な今年が一番かもしれませんね。

太陽光発電住宅にすれば、さらに控除が最大100万円増えますし・・・ 今は補助金もありますから、実に有利です。

ただ、去年よりも受託ローン金利は上がりましたので、去年の人が一番得だったともいえますね。

固定金利が上がってしまいましたが、変動金利はまだ上がっていないところが多いので、 もし住宅ローンの借り換えなどでしたら、変動金利という手もあると思います。

新規の住宅ローンの場合、変動金利だと、先が長くなるので、途中で否定金利に見直しできる タイプでないとちょっと不安ですね。

まっ不動産担保ローンという幅広い範囲でいえば、いろいろな商品があるので、あまり金利が高くなく、手数料が低く、さらに借り換え時の手数料や、見直しに融通のきくものを見つけた方がいいでしょう。

2011年2月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.newgoldcrew.com/mtos428/mt-tb.cgi/107