銀行のカードローンなら年収の3分の1以上でも借りられる?

銀行のカードローンなら年収の3分の1以上でも借りられる?

貸金業法の改正は、多重債務者をこれ以上増やさないために作られたもので、消費者金融を規制するための法律ですから・・・

本来は、消費者には支援の法律なわけですが、いちいち年収の小計などを出さなければならないとか、めんどうになりました。

主婦や学生などとくに、世帯主の年収証明などを出さないといけないので、金融会社の方も面倒なのでそのような貸し出し自体しなくなっているようです。

つまり生活資金を借りたいとき、たとえば、海外旅行や、車検、学費など、結構主婦や学生にはふべんなっています。
そんなときに、利用をしたいのが、大手の銀行のローンカードです。

銀行なので、貸金業法改正の影響はないので、年収の3分の一の規定は適用されません。

また主婦や学生向けのカードローンもよういされているところもあります。

金利も消費者金融より安いですし、意外と審査も早くネットキャッシングのようにネットから審査の申し込みができてしまいます。

さらに、使用目時も限定されないので、別の住宅ローンの支払いに充ててもいいですし、教育資金に使ってもいいので、使い勝手もいいのです。

一度作っておけばそのカードで極度額までは引き出せるので、とても便利です。

もちろん、その月の給与前で、お金が足りないときは、金利のない無利息キャッシングとか、ノーローンとかいう商品の方が有利ですがね。

また、注意点としては、事業性の資金には使えないとしている銀行がおおいので、事業ローンとかも、ビジネスローンの代わりに利用するというのはできないと思います。

タグ

2014年2月 8日||トラックバック (0)

カテゴリー:キャッシング, ローン

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.newgoldcrew.com/mtos428/mt-tb.cgi/110